2015年3月のアーカイブ

自信がない状態で行動するには

カテゴリー:才能

何事も行動しなければ成就しませんよね。

しかし、行動したからと言って、すぐ結果がでるわけではなく
最初は、失敗ばかりを繰り返すことになります。

 

私もそうなのですが、セルフイメージの低い人は、そこで、
めげてしまいます。
行動したことによって、かえって自信を失い、続行するのを
諦めてしまうのです。

 

→この投稿の続きを読む

仕事のその先にあるものは何ですか?

カテゴリー:ビジョン

こんにちは!

木曜日担当のジョーです。

 

先日、テレビを見ていたら

富士重工業が開発した軽自動車「スバル360」の

顧客第一号は誰か?というものがありました。

 

あなたは、誰だか分かりますか?

 

松下電器(現パナソニック)の創業者、

松下幸之助だったそうです。

 

松下幸之助は、小学校を退学し、

丁稚で身を起こしてから一代で

松下電器を築き上げました。

 

また、晩年に立ち上げた「松下政経塾」では

多くの政治家を輩出するなど

日本の発展に大きな影響を与えてきました。

 

 

「経営の神様」とも言われていますが、

実はその根源は、

「どうしたら幸せに生きることができるのか?」

という問いでした。

 

今では全世界に27万人以上の従業員を抱える大企業ですが

妻と妻の弟、友人2人の計5人で創業した当時は、

なかなか軌道に乗らない時期が続きました。

 

厳しい局面でも

「低価格で良質なものを大量供給し、貧しさをなくしたい」

という想いを持ち続けました。

 

それは、こんなエピソードからも分かります。

 

 

ある日、

松下は電球をみがいている社員に

「この電球はどこで光っているか知っているか?」

という質問をしました。

 

社員は、不思議そうな顔をして家だと答えると、

松下はこう諭しました。

 

――――――――――

「子供たちが絵本を読んでいる。

 すると、外が暗くなる。

 家の中はもっと暗くなる。

 

 そうなればどんな物語も途中で閉じなあかん。

 

 でもな、

 あんたがみがいている電球一個あるだけで、

 子供たちのドラマは続行や。

 

 あんたは電球をみがいているんやないで。

 子供たちの夢をみがいてるんや。

 

 子供たちの笑い声が聞こえてこんか?

 物作りはな、物を作ってはあかん。

 

物の先にある笑顔を想像できんかったら、

物を作ったらあかんのやで。

 

子供たちの夢のために、

 日本中、世界中にこの電球を灯そうや。」

 

――――――――――

 

あなたは、なぜ今の仕事をしていますか?

お互い、その先にあるものをもう一度確認しましょう!

どうしたらいいの?

カテゴリー:習慣付け

やっていたことがうまくいかなかったときや
いやな状況に遭遇したとき、
自分に投げかける質問の仕方によって
後々の結果が大きく変わってくることがあります。

 

「何で、こうなるんだ」
「なぜ、出来ないんだ」

 といったwhyが主語になる問いかけは、

原因追求型と言っていいでしょう。

→この投稿の続きを読む

これって欠点ですか?

カテゴリー:才能

しろくまは、極寒の北極に住んでいるけど、かわいそうだという人はいません。

自転車には、エンジンがついていないけれど、文句を言う人はいません。

野球のボールは、サッカーボールより小さいけれど、馬鹿にする人はいません。

ちくはは、穴があいてるけれど、クレームをつける人はいません。

 

→この投稿の続きを読む

才能を借りる

カテゴリー:才能

あるプロジェクトを起ち上げようとした時、
共感してくれてチームの一員になってくれた人がいます。

彼は、私と正反対の能力を持っていました。
空想好きで、非現実的なアイデアを出す私に対して、
マネジメント能力のある彼は、現実路線の対案を出してきます。

辛辣な批判をされるので、心が折れそうになることもありましたが、
彼がチームに加わってくれたおかげで、単なる空想だったものが
だんだんと形になり、そのプロジェクトは成功しました。

 

→この投稿の続きを読む

感謝を表現する

カテゴリー:人間関係

こんにちは!
木曜日担当のジョーです。

家族や職場の同僚に感謝していても
言葉に出して伝えるってなかなかできないですよね?

恥ずかしいし言いにくいです。

そこで、提案です。
以前の職場で実践してきたのですが、
まず、A4判横三つ折り対応の封筒を準備します。
下から5センチを切って、各々の名前を書きます。
それを壁に貼ります。

次に、名刺大の大きさの紙に感謝している内容を書いて
その人の封筒に入れます。

例えば、
「Bさん、いつも仕事を気遣ってくれてありがとう」
「Kさん、先日の営業動向ではお世話になりました。心強かったです」
などを書いて封筒に入れるのです。

人のためになればなるほど感謝のカードが集まるので、
社員のモチベーションが高まります。

組織にとっても愛社精神が根付いていきます。
苦手な人のよいところを見ようとします。

メリットはいろいろ出てきますので、
ぜひ試してみてください。

タスクとプロジェクト

カテゴリー:行動力

買い物に行って、肝心なものを買い忘れてしまった、
という経験はないですか。

私は、よくあります。
名刺交換会に行って、名刺を忘れてしまう、
という間抜けな経験もしました。

行動には、
タスクとプロジェクトの二種類があります。
タスクは、一回の行動ですむもの。
プロジェクトは、複数のタスクが必要なものです。

→この投稿の続きを読む

ライバルには憧れるな!

カテゴリー:自信

こんにちは!
木曜日担当のジョーです。

先日のメキシコオープンで
世界ランク4位にまで登りつめたテニスの錦織圭選手は、
素晴らしい活躍でしたね。

 

錦織選手が、
世界ランク4位になった背景には、
コーチ「マイケル・チャン」の存在がありました。

チャンは、4大大会の最年少優勝記録保持者であり、
全盛期には世界ランク2位にまで登りつめた
トッププレイヤーでもあります。


そんなチャンは、あるとき錦織選手を
叱ったことがあるそうです。

世界ランク1位連続最長在位の記録を持ち、
史上最高のテニスプレーヤーとの呼び声が高いロジャー・フェデラー選手を
錦織選手が「憧れ」と言ったからです。
そのとき、チャンは

「君が試合に出るなら競っているどんな相手に対しても
 そういう憧れの気持ちを持ってはならない。
 なぜなら憧れをもってしまうなら、君は一生彼に勝てない」

と言ったそうです。

 

それから、チャンから指導を受ける中で、
錦織選手の口から出たのは、

「勝てない相手はもういない」という言葉でした。

世界を相手に闘ってきた松岡修造氏は、
「完全にトッププレイヤーの考え方を持っている」と評しています。


本日も読んでくださってありがとうございました。

仮想敵をつくる

カテゴリー:行動力

目標に向かって行動している時、
その日、何をしたかを書いておくと、
進捗状況を見える化できていいと思います。

例えば、先週の行動と今週の行動を較べてみて、
行動量が少なかったり、新しいチャレンジを
していなければ、改善が必要だとわかります。

これは、昨日の自分をライバルにする方法ですが
自分だけをライバルにしていると、ついつい
採点が甘くなってしまいます。

そこで、本当のライバルが必要になります。

→この投稿の続きを読む

欲望と情熱の違い

カテゴリー:情熱

欲望と情熱の違いはなんでしょう?

どちらも行動するときの原動力になるので、
似ているようですが、少し違います。

欲望 は、追い求めるもの。
情熱は、自分の中にすでにあるもの。
では、ないかと思っています。

→この投稿の続きを読む