情熱のアーカイブ

学ぶ前に決めること

カテゴリー:情熱

不思議なもので、
学生時代は、あまり好きでなかった勉強も
社会人になると、どういうわけか興味が湧いてきたり
という経験はありませんか?

今は、カルチャーセンターや通信教育など
様々な勉強の場が、整っていますよね。

しかし、それなりにお金をかけて勉強しても
学んだことを活用する機会がなくて、
それっきりになってしまうことが多くないですか?

 私も、そういうことが多くて、
スキルや能力を身につけることが目的になって
それをどうやって活用するかまでを考えていないように思います。

→この投稿の続きを読む

お客様を探す

カテゴリー:マーケティング 情熱

昨日は、自分の中の足りない部分にビジネスの種がある
というお話をしてきました。

しかし、土壌、つまり、お客様がいないことには、
種をまき、花を咲かすことが出来ません。

あなたが作った商品が、
どんなに素晴らしいものだったとしても、
その商品を欲しているお客様がどこにいるか
わからなければ、販売するのは難しいですよね。

→この投稿の続きを読む

本当に足りないものは何か

カテゴリー:情熱

昨日の話の続きです。

 

「好きなこと、出来ることを通して
苦手なこと、足りないことを克服する」
ことが、ビジネスの種になる

と書きました。

 

でも苦手なことなら何でもいいかというと
そうでは、ありません

 

私は、小学生の頃、音楽、体育、図画工作が苦手でした。
これらの学科は、不得意だと目立ちますよね。
楽器をうまくひけず、逆上がりが出来ず、絵が下手くそ。
おかげで、コンプレックスの塊になりました。

→この投稿の続きを読む

ビジネスの種をどう見つけるか

カテゴリー:情熱

どうせ、一度きりの人生なんだから
好きなことをやったらいい。
と言う人がいます。

私もそう思います。

しかし、好きなことをやって
生計を立てていければいいですが
なかなか難しいですよね。

→この投稿の続きを読む

欲望と情熱の違い

カテゴリー:情熱

欲望と情熱の違いはなんでしょう?

どちらも行動するときの原動力になるので、
似ているようですが、少し違います。

欲望 は、追い求めるもの。
情熱は、自分の中にすでにあるもの。
では、ないかと思っています。

→この投稿の続きを読む

テーマを見つける方法

カテゴリー:情熱

黒澤明監督の「生きる」という映画を
観たことがありますか?

胃癌を宣告された市役所の職員が、
残された短い時間を、どう生きるのかを追求していくドラマです。

志村喬演じる市役所の職員は、それまで、
お役所という官僚的なシステムの中で、ルーティーンの
仕事を無気力にこなしていました。

→この投稿の続きを読む

日々、充実感を感じて生きるには

カテゴリー:情熱

あなたにとって、充実感を感じられる日とは、どんな1日ですか?

 減らす技術(レオバボーダ著 ディスカバー・トゥエンティワン社)
という本によると、著者は、その日、もっとも達成 したいタスク
(モーストインポータントタスク=MIT)を3つ選んで
朝一番に仕事にとりかかるそうです。

そして、その中の1つは、
自分の人生のゴールに関連しているものを選んでいるそうです。
そうすることで、毎日、夢に向かって進んでいる自分を感じられるのだとか。

→この投稿の続きを読む

我慢しないでやってみる

カテゴリー:情熱

長期間、何もやる気が起こらない日々を過ごしていました。

 やりたいことがあったはずなのに、うまくいかず、
人に迷惑をかけ、自信をなくし、
これからどう生きていけばいいか、わからなくなっていました。

迷っていると何も行動できません。
雇われの仕事へ行って、食べて、寝て、
というパターンを毎日繰り返していました。

 せめて、日々の記録を残しておこうと日記を書き始めましたが
その日、食べたものを書くぐらいしかできませんでした。

 仕事から帰ると、寝転がって、日本の歴史の本を読むか
youtubeでAKB48の映像を観て癒やされていました。

→この投稿の続きを読む

人生という彫刻を彫る

カテゴリー:情熱

これから大理石の彫刻を彫ることになったとします。

まずは、どこからスタートしますか?

普通、どんな作品を作るか、決めてから掘り始めますよね?
像を彫るのかライオンを彫るのか、イメージが明確
になっていないと、途中で彫り進めなくなります。

イメージが固まったら、後は、地道に彫りすすめるしかありません。

→この投稿の続きを読む

引力で習慣化

カテゴリー:情熱 習慣付け

あなたには、身につけたい習慣がありますか?

私は、通勤途中に自動販売機で缶コーヒーを買ってしまうくせがあります。

最初は、単純に飲みたくて買っていたのですが、
習慣になってしまい、そんなに飲みたくなくても、
つい、自動販売機のボタンに手がのびてしまいます。

→この投稿の続きを読む