あなたは、ワクワクしていますか?

あなたは、ワクワクしていますか?

カテゴリー:情熱

木曜日担当のJoe(ジョー)です。

 

突然ですが、

あなたは、ワクワクしていますか?

 

「いきなり何をたずねるの?」と

思ったことでしょう。

 

私は、心理カウンセラーとして、

引きこもりや不登校の子どもたちと

接してきました。

 

その子たちに共通することの一つが、

「自分の人生を歩んでいない」ということです。

つまり、親が理想としている子になろうと

しているのです。

 

でも、うまくいかない。

親の期待と、自分の現状。

そのギャップが悩みとなっているのです。

 

実は、そのことに親も子も気づいていない例が

とても多くあります。

それに気づかないと、、

大人になっても引きこもって苦しむことになります。

 

内閣府の調査(2011 年)によると、

引きこもりといわれる人の数は70 万人もいます。

予備軍155 万人を合わせると、

225 万人もの人たちがもがき苦しんでいることになります。

 

近年では、さらにその高年齢化と長期化が問題視されています。

また、年齢幅は想像以上に広く、15 歳から、上は39 歳が対象です。

 

統計上は39歳までが対象ですが、

40代にも50代にもいます。

つまり、鬱になってしまう人も多くいるのです。

 

ですからあなたの内側から

ワクワクすることがあるか否か?

これが、よりよい人生を歩む上で欠かせない

感情になります。

 

次回は、自分の殻に閉じこもってしまう

原因について書きます。

 

では、来週お会いしましょう!

 

この記事を書いた人

小野 丈一
小野 丈一
陸上自衛隊にてレンジャーや第一空挺団で鍛え抜き、世界39ヶ国の冒険で自分に挑戦してきた。

大学研究員や会社員を経て、心理カウンセラーとして引きこもりや不登校の子どもたちと接しているうちに、頭・心・体をバランスよく育てる教育が必須だと思い「強く生き抜く力」をテーマに「冒険塾」や「防災塾」を主宰している。
Pocket
LINEで送る
Post to Google Buzz