成長の差

成長の差

カテゴリー:行動力

こんにちは!

木曜日担当のジョーです。

 

新年度を迎え、

新入社員が入社したり人事異動があったりと、

動きの多い月だと思います。

 

社員たちが入社した時は同じスタートラインに立っていても、

月日が経つにつれて、

成長や活躍の差が出てきます。

 

入社したての頃は期待されていた人が、

伸び悩んだりする一方で、

あまりパッとしなかった人が、

大きなプロジェクトを任されたりと、

人によって

成長速度に差が出てくることがあります。

 

ではなぜ成長速度に違がでてくるのでしょうか?

 

その違いの一つに、

 

うまくいかない状況を認め

 ⇒なぜ、うまくいかないかを分析し

 ⇒どうすればうまくいくのかを考え続け

 ⇒新しい方法を試し続ける力の差

 

つまり、「修正する力」の差によるものだと

言えるでしょう。

 

仕事でもスポーツでも、

事前に綿密なプランを立てても、

実際に進めるなかで刻々と状況は変わっていきます。

 

そんな時に

いかにスピーディーかつ事細かく軌道修正して

前へ進めるかが成長速度の違いになってくるのです。

 

正月に一年の計画を立てたとしても、

計画を見直す人は、

あまり多くないかもしれませんね。

 

 

この記事を書いた人

小野 丈一
小野 丈一
陸上自衛隊にてレンジャーや第一空挺団で鍛え抜き、世界39ヶ国の冒険で自分に挑戦してきた。

大学研究員や会社員を経て、心理カウンセラーとして引きこもりや不登校の子どもたちと接しているうちに、頭・心・体をバランスよく育てる教育が必須だと思い「強く生き抜く力」をテーマに「冒険塾」や「防災塾」を主宰している。
Pocket
LINEで送る
Post to Google Buzz