自分の価値を高めるには

自分の価値を高めるには

カテゴリー:習慣付け

「意識高い系」という言葉があるそうです。

 勉強熱心で、自分の価値を高めて、上のステージへ
行きたいと思っている人に対して、
ちょっと冷めた目で見ている人たちが、
からかい半分に使っている言葉のような気がします。

自分の価値を高めたい、と思うのは、
誰もが持っている欲望ですから、
悪いことではありません。

それを批判するのは、嫉妬にあふれた
ネガティブな心の持ち主なんだから、
そんな人のことは、ほっとけばいい、
という考え方もあるでしょう。

ですが、
この言葉に込められた批判の意味を
もう少し深く考えてみて、
1つ、気づいたことがあります。

それは、
自分の価値をいくら高めても、
それを活用しなければ
意味がないということです。

何か勉強をして、資格なり、スキルを
身につけたとしても、
それを世の中や人のために生かさなければ
何もしないのと一緒だとは思いませんか?

ならば、
自分の価値をあげることは、ひとまずおいて、
人の価値をあげることを考えてみてはどうでしょう。

人の価値をあげることに成功すれば、
自然に、自分の価値もあがってきます。

例えば、その人の居ない場所で
その人のことを褒めてみるとか。

というようなことでもいいです。

日々、自分に問いかける質問を
「どうしたら自分の価値があがるだろうか」
だったのを
「どうしたら、あの人の価値をあげれるだろうか」
に変えてみる。

そうすることで、普段の行動も変わってきます。

自分の価値をあげるより、人の価値をあげるほうが
簡単で効果がある。

そう思うのですが、あなたはどう思いますか?

この記事を書いた人

尾田 譲二
尾田 譲二
インターネット黎明期に日本初の漫画合作仲介サイトを起ち上げるが、やりたくてはじめたことなのに事業化の過程で、自分が本当にやりたいことなのが何なのかわからなくなり、長い鬱状態に陥る。2013年に出会ったパッションテストで、情熱を再発見。長い迷路からようやく抜け出し、再起を目指している。

著書に電子書籍「ストーリービルダー」がある
Pocket
LINEで送る
Post to Google Buzz