ストレス軽減は思考一つ

ストレス軽減は思考一つ

カテゴリー:学ぶ

こんにちは!
木曜日担当のジョーです。

2015年の12月から企業での
「ストレスチェック」の義務化が予定されていますね。

ストレスは、知らぬ間に溜め込んでしまいますが、
どう解消するのかメンタルケアに関心が高まっているように思います。

ストレスを抱えて心の状態が悪くなると
心療内科や精神科に行くことになり、
悪化がひどい場合には、
抗うつ剤などの薬を処方されることもあります。

ところが抗うつ剤は、
副作用で眠気や頭痛の症状が出る例も多いので、
患者さんの中には飲むことに引け目を感じる方も多いようです。

ストレスは結局「考え方」次第であり、
ある程度コントロールすることができます。

職場におけるストレスとは違うものですが、
ご紹介しましょう。

例えば、あなたが車の運転中に割り込んできた車が
ありました。

いつものあなたなら、イライラするかもしれません。
クラクションを鳴らすかもしれません。

そこで、考え方を変えてみるのです。

「もしかしたら、学校で急に熱を出した子どもを
迎えに行くために急いでいるのかもしれない」

「もしかしたら、会議に遅れそうになって
焦っているのかもしれない」

「もしかしたら、嫌なことがあって、
荒い運転をしているのかもしれない」

そう思うだけで、あなたのイライラは軽減されませんか?

車で営業している方、運転業務に就いている方などに向いているので、
身近なところでトレーニングしてみてはいかがでしょうか?

スーパーのレジに並んでいるときに割り込んできた人がいた
場合は、どう考えればよいでしょうか?

この場合も
同じように考え方を変えるトレーニングをしてみましょう。

本日も、お読みいただきましてありがとうございました。

この記事を書いた人

小野 丈一
小野 丈一
陸上自衛隊にてレンジャーや第一空挺団で鍛え抜き、世界39ヶ国の冒険で自分に挑戦してきた。

大学研究員や会社員を経て、心理カウンセラーとして引きこもりや不登校の子どもたちと接しているうちに、頭・心・体をバランスよく育てる教育が必須だと思い「強く生き抜く力」をテーマに「冒険塾」や「防災塾」を主宰している。
Pocket
LINEで送る
Post to Google Buzz