事件は、心の中で起こっている

事件は、心の中で起こっている

カテゴリー:健康

誰かに何か嫌なことを言われたり、
思い通りに動いてくれなかったり、
理不尽なことをされたりしたら、
ついその人を責めたくなりますよね。

人として当然の感情だと思います。

しかし、その感情をずっと持ち続け、
嫌な出来事を反芻したり、
さらに、その人の悪いところを見つけて、
攻撃したくなったりしたら要注意です。

 家が火事になったら、まず消すことを考えますよね。
ところが、心に痛みを感じた場合は、どうでしょう。
自分の心の中の火を消すことを忘れ、
消火器を相手に向けたりしていませんか?

火がついているのは、自分の心なのだから、
相手を攻撃してみても何も解決しないのです。

まさに、事件は、自分の心の中で起こっているのです。

 かと言って、相手の嫌な行動の原因が自分にもあるから
反省しよう、と言っているわけではありません。
そうすることで、今度は、自分を攻めはじめたら同じことです。

 相手を攻撃するにせよ、自分を攻撃するにせよ、
心は、過去にこだわっています。
なので、過去にこだわるのではなく、
未来にこだわることにしてみればどうでしょう?

未来にこだわるには、
この嫌な出来事をどう利用したら
よりよい未来に変えられるのか。
と自分に問いかけてみればいいのです。

 転んでもただでは起きない。
その気持があれば、心の火事も消し止められますよね。

 

 

この記事を書いた人

尾田 譲二
尾田 譲二
インターネット黎明期に日本初の漫画合作仲介サイトを起ち上げるが、やりたくてはじめたことなのに事業化の過程で、自分が本当にやりたいことなのが何なのかわからなくなり、長い鬱状態に陥る。2013年に出会ったパッションテストで、情熱を再発見。長い迷路からようやく抜け出し、再起を目指している。

著書に電子書籍「ストーリービルダー」がある
Pocket
LINEで送る
Post to Google Buzz