休日をダラダラと過ごさない方法

休日をダラダラと過ごさない方法

カテゴリー:時間

忙しい日が続くと、たまの休日は、ゆっくりしたいものですよね。

ところが、ゆっくりできると思うと、ついダラダラしすぎてしまいます。

例えば、明日までに終わらせなければならない仕事があっても、
時間がまだまだあると思うと、ズルズルと夜まで先延ばししてしまいます。
先延ばししている間に何をやっているかというと……。
目的もなく、転がっている本を読んだり、インターネットをしたり……

何をやっていたか忘れてしまうぐらい、たいしたことはしていません。

そんなときは、1日の中間に何か楽しい予定を入れるといい、
ということに気が付きました。
そうすると、1日が3つのブロックに区切られます。

映画を観に行くのでもいいし、ちょっと贅沢な食事をしにいくのでもいい。
とにかく、2ブロック目に楽しい予定が入っていると、
後で面倒くさいことをやるのは嫌だから、
先に仕事を片付けようという気になってきます。

最後の第3ブロックは、仕事も片付け、楽しいこともしているので、
多少ぐたぐたしてしまっても、気分がいい状態で1日を終えることができます。

そのためにも
数時間で出来るような「やりたいことリスト」を作っておくといいですよ。
そのリストの中には、いつもやっていないことを書いておきます。

もちろん、打ち込んでいる趣味があるなら、それをやるのもいいですが、
特に趣味がなければ、意識して違うことをやってみましょう。

そうでないといつも同じような休日を繰り返してしまいます。
何かを身につけるため、同じことを繰り返すのなら、
ワンパターンも意味がありますが、
意味のないワンパターンの中に 成長はありません。

散歩するにしても、いつもと違うコースを歩いてみるとか。
少しでも一週間前と違う1日を過ごせるような工夫をしてみる。

心のアルバムに違う景色の写真を溜めていけばいくほど
人生が豊かになるような気がしませんか。

この記事を書いた人

尾田 譲二
尾田 譲二
インターネット黎明期に日本初の漫画合作仲介サイトを起ち上げるが、やりたくてはじめたことなのに事業化の過程で、自分が本当にやりたいことなのが何なのかわからなくなり、長い鬱状態に陥る。2013年に出会ったパッションテストで、情熱を再発見。長い迷路からようやく抜け出し、再起を目指している。

著書に電子書籍「ストーリービルダー」がある
Pocket
LINEで送る
Post to Google Buzz